乳児の便秘解消|便秘には理由がある

乳児の便秘について紹介しています。

 

便秘の解消法や原因、その他乳人の便秘について紹介していきます。

 

病院へ行っていろいろなことを試しても改善されない方など参考になれば幸いです。

 

実はいろいりな理由があるんです。

 

母乳や出産も乳児の便秘の原因に関係したりしているんですよね。

 

ですからマッサージや薬では改善しなかったりするんですよね。

 

一般的な幼児の便秘解消法なども紹介していますので参考にしてみてください。

 

私も利用しているカイテキオリゴという商品があるのですが、それは幼児でも利用できて便秘解消の期待ができますので、利用してみてはいかがでしょうか。

乳児の便秘について

乳児の便秘には個人差があります。
回数や硬さだけでは判断せきません。
柔らかい便を出す子もいれば固めのベンを出す子もいます。
一日何回もするこもいれば毎日しない子もいます。

 

ですので赤ちゃんの様子を確認することが大事です。

 

便が今までのリズムではなく突然でなくなったり、苦しそうにしていたり、痛そうにしていたら便秘の可能性がありますね。

 

お腹の張るなどでも確認できると思います。

 

そういったところで判断するのがよいでしょう。

 

特に離乳食になったり、食べ物が変わると便の状況も変わってくるのでそのあたりも注意してみてあげると良いかも知れません。

乳児の便秘の原因

原因としてはいろいろあります。

離乳食
運動
生活環境

 

いろいろありますが、下記のことを理解しておくと良いでしょう。

 

腸内環境が整っていない

 

赤ちゃんは母親のお腹の中で無菌状態で育ち、生まれたあと多くの菌を取り入れます。

 

自然分娩の場合は赤ちゃんは賛同を通りながらそこから菌を取り込み腸内環境を整える準備をします。

 

そして、生まれた後、その善玉菌を活動させるためのえさとなるオリゴ糖を母乳から摂取して、腸内環境を整えていきます。

 

そのため、生まれたばかりの離乳期ごろまでの赤ちゃんは腸内細菌の90%近くが善玉菌(ビフィズス菌)という理想的な環境になるのです。

 

しかし、近年、帝王切開出産や、産後の無理なダイエットにより母乳の質が低下したり、母乳を飲ませなくなったりということが多くなり、腸内環境が十分に整わない赤ちゃんが増えてきています。

 

腸内環境が整っていない状態であれこれ手を尽くしても意味がない

 

腸内環境を整えるために善玉菌を摂り入れようと思っても、ほとんどが胃酸によって死滅してしまい、善玉菌の数を増やすことはとても難しいとこです。

 

どうすればよいのか
外から善玉菌を摂り入れるのではなく、腸内にいる善玉菌を元気にして増やす事が大事です。

 

善玉菌の一つであるビフィズス菌の大好物がオリゴ糖です。

 

オリゴ糖をえさとして元気になるのでオリゴ糖を摂取することが良いと思います。

乳児の便秘解消方法

便秘の解消法はいろいろあります。

 

ミルクの量や離乳食の量

ミルクの量や離乳食の量を増やしてみる。

 

食事のバランス

大人も一緒ですね。食物繊維の多いものなどを摂ることで便秘が解消されることがあると思います。
お菓子を多く与えている方も多いと思います。果物や野菜などもしっかり摂るようにしましょう。
かぼちゃやバナナなんかはいいですね。

 

適度な運動

これも大人と一緒ですね。適度な運動が大事ですね。

 

マッサージ

マッサージをすることで外から少し刺激を与えてあげるのも良いかもしれません。

 

刺激を与える

お尻に少し刺激を与えてあげると便ができことがあります。

 

健康食品で補う

赤ちゃんでも問題なく利用できて、多くの赤ちゃんが便秘を解消しているものもあるのでそれを利用しても良いですね。